NEWS





ニューオーダーのヨーロッパツアーにサポートアクトとして出演が決定!



(2019-08-07)


ニューオーダーが10月〜11月にヨーロッパで予定しているツアーにストールンがサポートアクトとして出演。







日本デビューアルバム『Fragment』ダイジェスト試聴はこちら。



(2019-08-07)





・石野卓球

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主宰。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。


・マークリーダー

1958年、英・マンチェスター生まれ。78年から独・ベルリン在住。ミュージシャン、プロデューサー、サウンドエンジニア、レコードレーベルの創設者として英独、世界のミュージシャンを育てあげる。過去にはニュー・オーダーやデペッシュ・モード、電気グルーヴなど世界的バンドのリミックスも手がけてきたほか、近年では、当時の西ベルリンを記録したドキュメンタリー映画『B Movie: Lust& Sound in Berlin (1979-1989)』(2015年)でナレーションを担当。現在は、イギリスや中国などの若手バンドのプロデュースやリミックス、執筆・講演活動なども精力的に行っている。


・A-bee(アービー)

トラックメイカー / 作曲編曲家 2007 年、自身のデビューアルバム『FLYING-GO-ROUND』をリリース後6枚のアーティストアルバムを リリースし、iTunes でも常にチャート上位を記録。アーティスト活動と並行して作曲家やアレンジャーとしても10年以上の活動を行い、J-POPからK-POP、 CM音楽の他、ラジオ番組では、J-WAVE 「JAM THE WORLD」のテーマ音楽 や番組 BGM を手がけている。エレクトロニカやクラブミュージックをベースにしながらも、情景が浮かぶような独特な世界観と緻密に計算された音像に定評がある。


・Zachery allan starkey

ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するエレクトロニックミュージシャン兼ソングライター。エレクトロ、シンセポップ、ポストパンク、ハウスミュージック、ニューウェーブ、そしてノーウェーブの要素と歌を組み合わせた作風は、ブルックリンでもカルト的なクラブヒットとなっている。